更年期 イライラ サプリ

MENU

更年期のイライラにはサプリ?病院?それぞれのメリットデメリット

更年期にイライラするなどの精神的ストレスや、倦怠感などの肉体的ストレスに対し、緩和する方法としてサプリを摂取するか病院で治療するか悩まれている方もいらっしゃると思います。

 

もちろん、頭痛がひどいとか、起き上がるのも困難などのかなり症状が重症の場合は病院での治療を受けなければいけませんが、更年期の症状というのは個人差があるので、どちらにしようか悩まれる方も少なくありません。

 

ですから、サプリメントで症状を緩和していくことのメリットデメリット、病院で治療することのメリットとデメリットを上げておきます。

 

サプリのメリット

 

有効成分を効率的に摂取できる
サプリを飲むだけなので時間的拘束はない
サプリの購入費だけでコストが少ない
合わないと感じたら気軽の他のサプリを試せる
毎日続けやすい

 

サプリのデメリット

 

検査をしないため、症状の重症度がわからない
専門的な治療をしているわけではない
効果を実感するサプリを見つけるまで探す必要がある

 

 

病院のメリット

 

医師に診察してもらうので安心して治療ができる
最も効果的な薬を処方してもらえる
相談をしながら治療を進められる

 

病院のデメリット

 

病院へ行く時間を作る必要がある
デリケートな問題なので自分に合う医師を探す必要がある
診察費のほかに薬代がかかるのでコストが高い

 

 

 

それぞれメリットとデメリットがあります。

 

自分にあった方法で症状を改善していくのが良いと思いますが、もし、病院へ行こうと思っているけどなかなか時間が取れないというじょせの場合は、とりあえずその間だけでも更年期用のサプリなどを飲んでみるのも一つの手だと思います。

 

もしかしたら、そのサプリで更年期の症状が改善される可能性があります。

 

一番してはいけないのは、とにかく我慢すること。
日本人女性は我慢強い方が多いので、とりあえずギリギリになるまで我慢しようとする傾向がありますが、我慢しても改善されるようなものではありませんし、その我慢がさらにストレスになり症状が悪化する可能性が高いので、我慢するのはやめてください。

 

 

ちなみにですが、病院で治療するときに、症状によっては女性ホルモンの注射を治療の選択肢に入れることがあります。

 

更年期のイライラが特に強かったり、気分が激しく落ち込むなど、患者の希望や医師の判断で補整ホルモンを注射によって補充するわけですが…

 

この女性ホルモンの注射は、はっきり言って痛いです。
よくサイトを見るとインフルエンザの注射の5倍痛いと書かれていますが…女性ホルモンを売った人の話を実際に聞くと、何倍かなんてわからないけど、とにかくめちゃくちゃ痛い!!そうです。